【サブスク】絶対に無駄にしない!サブスクとの付き合い方、便利な利用方法&オススメ4選

サブスク

ここ5年くらいで「サブスク」がブームになっており、日々様々なサービスを楽しまれている方も多いのではないかと思います。
私も、これまで40以上(もしかしたら50超えてるかも…)のサブスクを利用してきました。
でも、今私が契約してるサブスクは、たったの4つだけです!
サブスクはお手軽な料金で、豊富なサービスが受けられますが、気にしないで契約し続けていると、無駄に多くの契約を行い、知らず知らずに家計を圧迫してしまう可能性があります。
そのようにならないために、今回は無題にせず、最大限のサービスを利用するための、サブスクとの付き合い方についてご紹介します。
オススメのサブスクもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください!
この記事を読むと、以下のことが分かります。

・サブスクとは何かがわかる
・無駄にしない、最大限の活用方法がわかる
・絶対に契約すべきオススメのサブスクがわかる

それではどうぞ!

スポンサーリンク

そもそも「サブスク」って何?


「サブスク」とは、”サブスクリプション(subscription)”の略称です。
意味としては、サブスクライブ(subscribe)の名詞形で「購読」、「予約購読」となります。
しかし、今広く使われている「サブスク」はモノ自体を販売せずに、一定期間に限り自由に使える権利を販売するビジネスモデルのことをいいます。
簡単に表現すると、「いつもこの金額だけ払ってくれれば、あげないけど、ここにあるモノ全部自由に使っていいよ」というサービスの提供方法です。

サブスクのジャンルは「音楽」や「映画・ドラマなどの映像」、「電子書籍」、「ゲーム」、「車」、「食品」など非常に多岐に渡り、モノを買うことなくサブスク契約のみで生活することが可能な状況となっています。

塵も積もれば山となる


非常に便利なサブスクですが、利用上の大きな注意点があります。
それは「価格の安さ」です。
とても魅力な部分でもありますが、これが大きな落とし穴となります。
サブスクは月々数百円から始めることができるので、ついつい目移りして、様々なサブスクをどんどん契約してしまいます。
その結果、トータルで月5,000円、年間60,000円の出費なんてことも珍しくありません。
「ジュース買うのを我慢すれば」、「昼食をファーストフードにすれば」みたいな感覚で、次々と料金の安さにひかれ契約してしまうと、最終的な出費が高額になってしまいます。
また、サブスクはその期間に利用してもしなくても、支払う料金は変わらない為、とりあえずで契約していると、利用していないのに料金は支払い続けるなんてことも起こってしまいます。
要注意やで。

無駄にしないサブスクの選び方・付き合い方

1ヶ月トライアルを必ず利用

ほとんどのサブスクには、お試し期間があります。
期間は1ヶ月が多いですが、中にはキャンペーンで3ヶ月なんていうものあります。
「契約してみたけど、思ってたのと違った」なんてことがないように、まずは必ずお試し期間を利用しましょう。
月契約よりも、年契約したほうがお得な場合がありますが、何度も言います、まずはお試し期間を利用してください。
私自身、お試し利用をしたからこそ気づけたことも多く、「お金払わなくて良かった」と思ったことが何度もあります。
ここで1点注意なのですが、お試し契約といえど入会自体は正式に行い、お試し期間が終了したら、自動で有料契約が行われることがほどんどです。
なので、お試し契約をした時点で会員ページに進み、「自動更新をオフ」にすることを忘れずに行ってください。
※iPhone、iPad等のアップル製品でのアプリ内でサブスク契約したものは、端末の設定から自動更新をオフにできます。今回詳細は割愛します。検索すればすぐわかると思います。

必要以上の自分にとって過度なサービス内容になっていないか確認

サブスクは契約してしまえば、提供されるすべてを自由に利用することができます。
例えば音楽配信サービスなら、「最新曲から、懐かしのヒット曲、洋楽、KPOPの30万曲以上、おまけにハイレゾが聴けて月々1,480円」というAのサービスがあったとします。
曲数も多く、高音質で音楽を楽しめますが、最新曲は興味がなく、邦楽しか聴かない、ハイレゾ対応の機器を持っていない人が契約したらどうでしょうか。
これでは過度なサービスになってしまっていて、お金を無駄に払ってしまっていることになります。
自分の利用環境にあった、ピッタリな別の音楽配信サービスを契約するのが賢明です。
「海外の曲はほとんど無く、邦楽に特化、ハイレゾ非対応で月々680円」というBのサービスがあったら、迷わずこちらを選びましょう。
邦楽が思う存分楽しめて、年間で9,600円も多く払わずに済むのですから。

同じジャンルのサブスクを複数契約しない

サービスの提供内容が、大きく被ってしまうサブスクの契約にも注意です。
これも音楽配信サービスを例に考えてみます。
「iPhoneを使っていて、ミュージックアプリを開いたらApple Musicをオススメされたから聴き放題だし契約しよう。アマゾンタブレットを買ったらamazon musicをオススメされて、こっちでも音楽聴きたいから契約しよう。」
このように、2つのサービスを端末に合わせて契約しましたが、両方のサービスはほとんど同じ提供内容になっています。
また、amazon musicはiPhoneにも対応しているので専用アプリをダウンロードすれば、アマゾンタブレットと一緒に利用できます。
結果的にamazon musicだけを1つ契約すれば良かったのです。
音楽以外のサービスも、同じジャンル同士は提供内容が被りがちなので気をつけましょう。
「Netflixのオリジナルドラマがどうしても見たくて契約したが、ディズニーは見れないので、ディズニーが唯一見れるディズニープラスを契約した」というのは、内容に被りはないので良い選択といえます。

他のもので代用したり、買うより本当にお得なのか比較

サブスクは月々数百円から始められ、とってもお得なサービスですが、他で代用したり、買ってしまったほうが結果的に安く済む場合もあります。
例えば、「見たい映画が決まっている、月に2〜3本しか見る予定がない、同じ映画を何度も見る」このような人は、映像配信サービスを契約するよりも、見たい映画をネットでレンタル・購入する、中古DVDを購入するなどした方が良いかもしれません。
また、ブランド品や家電のサブスクもありますが、使いたい商品が決まっているなら、実店舗で手に取ってみて気に入ったら思い切って一括購入、ローンを組んでの購入の方が長い目で見てお得な場合もあります。
一時的な利用しか考えておらず、次々に使いたい場合は、サブスクが良いと思います。

今契約しているサブスクを常に把握しておく

サブスクは気軽に始められるので、ついつい複数契約をしてしまいます。
契約はサブスクごとに行い、会員ページもバラバラなので、管理が難しく、放っておくと、登録したことも忘れてしまっているサブスクがあるなんて可能性もあります。
これは無駄以外の何者でもないので、

・契約しているサブスクをリスト化する
・サブスクは1つのクレジットカードで契約する
・カードの利用明細を必ず見る
・お試し期間も忘れず把握

など、サブスクの管理をしっかり行うことが上手に付き合う上で大切です。

サブスクはずっと契約し続ける必要はない

サブスクは基本的に自動更新で支払われるので、気にしないと毎月定額を支払うことになります。
毎月同じように利用していれば良いのですが、「来月から仕事が忙しくなるからあまり利用しない」、「目当ての海外ドラマのシーズンが一旦終了した」など利用頻度が落ちるのに変わらず料金を支払い続けることは無駄になってしまいます。
そんな時には一旦「自動更新をオフ」にしましょう。
そうすれば休会状態となり、次回更新時以降、利用できなくなる代わりに料金が発生しなくなります。
しかし、登録情報は残っているので、また利用したくなったら「自動更新をオン」もしくは新たに支払形態を選択するだけでOKです。初期登録・設定は不要です。
年契約している方は途中休止、返金はできないのでなかなか難しいかもしれません。
利用したい時だけ利用するのも、サブスクと上手く付き合う秘訣です。

私のオススメのサブスク4選


ここで私が現在契約しているサブスクをご紹介します。
有名すぎて既に利用しているかもしれませんが(汗)

Amazonプライム

Amazonプライムはみんな大好き通販サイトのアマゾンのサブスクです。
料金は、月額500円または年間4,900円。
メインのサービスは、対象商品のお急ぎ便、日時指定が無料で行えるというものですが、それ以外にも以下の得点があります。
* 特別取扱商品の取扱手数料が無料

* Prime Video
* Prime Videoチャンネル
* Prime Music
* Amazon Photos
* Amazonフレッシュ
* プライム・ワードローブ
* プライム会員限定先行タイムセール
* Prime Reading
* ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など
* Prime Gaming

詳細はこちら
音楽、映像、写真の保管、電子書籍など非常に多彩なジャンル、多くのコンテンツを利用できます。
ラインナップに満足できれば、他のサブスクを契約する必要はないでしょう。

ディズニープラス

ディズニープラスは、みんな大好きディズニーの映画・ドラマが見放題のサブスクです。
料金は月額770円。
ディズニー作品をはじめ、トイストーリーなどのピクサー作品、アイアンマンなどのマーベル作品、スター・ウォーズ作品、ナショナルジオグラフィック作品に加え、2021年10月27日より、タイタニックやデッドプールなどのスター作品も見られるようになり16,000を超えるラインナップになりました。
ディズニー、ピクサーやマーベル作品はサブスクではディズニープラスでしか見ることができません。
これらの作品が大好きな人は、契約すれば間違いなく毎日が充実することでしょう。

YouTube Premium

YouTube Premiumは、今やテレビ番組よりも見られてるのではないかと思われるYouTubeのサブスクです。
料金は月額1,180円(iOSの場合YouTubeアプリ経由の登録だと1,550円)。
「YouTubeって無料で見るものでしょ。」
と思っている方も多いと思いますが、毎日見る方は契約して間違いなしのサービスになっています。
こちらのサービスの最大の特徴としては、

・動画の途中で広告が出なくなる
・バックグラウンドでの再生が可能

です。
人気クリエイターの動画を見ていると何度も細かく広告が流れたり、エクササイズ動画の途中で広告が流れ、「チッ」と思うことがあると思います。
YouTube Premiumを契約すれば、こういったストレスから解放されます。
また、通勤中や散歩中に「画面は見れないけど音声は聴きたい」と思うことはないでしょうか。
画面をつけたままポケットにスマホを入れ、再生もできますが、カラダの一部が画面に触れてしまい誤動作したり、バッテリーの消費が激しくなったりします。
しかし、YouTube Premiumを契約すればバックグラウンド再生が可能になるので、スリープ状態でも音声が再生されるので、ラジオ感覚で YouTubeを楽しめます。
また、別のアプリを開いている際も再生が継続されるので、いつでもどこでもシームレスに楽しむことができます。
その他にも、一時的に端末に保存し、オフライン状態でも再生できるようになるので、外出先で電波や通信量を機にする必要がありません。
そしてなんと、音楽聴き放題のサービスであるYouTube Music Premiumも利用することができます。
アプリの使い勝手は競合に負けますが、最新の曲や海外の曲は網羅されているので、これに満足できれば、新たに音楽配信のサブスクを契約する必要はないので、トータルで見るとお得なサブスクと言えます。
何より広告がなくなる開放感が素晴らしく、一度体験すると元に戻れなくなります。

タイムズカー

タイムズカーは、タイムズが提供しているカーシェアのサブスクです。
料金は月額880円。
全国にあるタイムズステーション(有料駐車場)に用意されているカーシェア用の車を事前予約することで15分220円〜利用できます。
もちろんガソリン代、保険料は込みなので別途料金が発生することはありません。
そして、毎月880円分の利用が無料となるので、毎月880円分以上利用する方は月額が実質無料になるのも嬉しいポイントです。
都市部に住んでいて、週に1度程度しか車に乗らない人にとっては、便利でお得なサービスであるといえるでしょう。
ただ、契約者が多いので、週末や祝日は競争率が高く、早めの車予約が必要です。

まとめ
いかがだったでしょうか。
サブスクは上手く付き合えばとっても便利なサービスののですが、付き合い方を間違えると経済的な負担や無駄が多くなってしまうので注意が必要です。
これからもっと便利なサブスクが登場してくると思うので、色々なサブスクを上手に活用し、毎日の生活を豊かにしていきましょう!!

コメント